アニメの制作費

こちらへの問い合わせで 日本で商業アニメを制作するのにどれくらいの費用がかかるのか?どれくらいの時間がかかるのか?という御相談をうけることがあるので 簡単に書かせていただきました。

まずアニメをつくるといっても色々な媒体があり、テレビや劇場公開の映画の他、OVAといってビデオ販売を目的にしたものまであります。通常、一般的な日本のアニメ会社ではYoutubeなどWeb公開を目的として制作は行われないのが通常です。・・・ですので 日本のアニメ会社は、テレビ、劇場、OVA、この3種のアニメを作っているといってもよいと思います。

アニメの予算といっても、先に伝えた媒体や、人気度によっても違うので一概にいくらとお伝えすることができませんが 一般的なテレビアニメの予算というのは、30分の1話分のアニメだと1000万円くらいになります。

ただし、1話分のアニメ予算を持っていって、すぐにテレビ向けアニメを1話分アニメを作ってもらえるか?というわけではありません。実は、日本のテレビ業界では、四半期(3ヶ月=12週)を1クールという単位で表現をし1クール単位での制作となるからです。つまり1つのテレビ向けアニメ予算というのは、毎週放映されるアニメの1クール分(12話分)=1億2000万円〜での予算となります。これに宣伝費や広告費などを加えると倍近くの2億円以上の費用になります。もちろん、誰もが知るような超ベテラン声優、制作スタッフならば、さらに数億円になるでしょう。一応 1話分のアニメ制作費の内訳は、下記のような感じになります。

アニメ制作は1話あたり最低1000万円〜

原作 5万円
脚本 20万円
演出 50万円
制作進行 200万円
作画監督 25万円
原画 150万円
動画 110万円
仕上げ 120万円
美術・背景 120万円
撮影 70万円
音響制作 120万円
材料 40万円
編集 20万円
プリント 50万円
合計 1100万円